借金を背負った失敗談・経験談から教える【FX・株・投資】情報

FX・株・投資あらゆるものを試し、借金を背負い債務整理した管理人が第二の自分を作らないために情報を発信していきます。

完済後の過払い金請求は自分でやれ!メリットと注意点を伝授

過払い金請求は自分でできることをご存じですか?以前借金をしていたけど返済は終わっている。という方も過払い金請求で払い過ぎたお金を取り戻すことができます。司法書士や弁護士に頼むのは気が進まないからと過払い金請求していないのはもったいない。

過払い金請求の手続きは自分でもできます。完済後の過払い金請求を自分でやる場合のメリットと注意点をお伝えします。

完済後の過払い金請求を自分でやるメリット

過払い金請求のメリットはお金が戻ってくること

まず、過払い金請求の大きいメリットはお金が戻ってくることです。過払い金は払い過ぎた利息なので、返してもらう権利があります。過払い金が返ってくればちょっとした臨時収入になります。

返ってきたお金の使い道は自由なので生活費や交際費にもあてることができます。請求しなければ過払い金は戻ってきません。自分のペースで過払い金請求をして、お金を取り戻しておきましょう。

自分でやれば司法書士や弁護士などの専門家に依頼する費用が不要

自分で過払い金請求をすれば司法書士や弁護士のなどの専門家に依頼する費用が不要です。司法書士や弁護士などの専門家に頼むと費用がかかりますが、過払い金請求は自分でも手続きすることができます。

自分でやることで、過払い金請求の手続きにかかる費用をかなりおさえることができます。自分で過払い金請求をする場合、貸金業者と和解できればかかる費用は郵便代くらいです。訴訟に移行した場合も裁判費用は請求する額によって決められているため、かかる費用が過払い金より高くなることは基本的にありません。

完済後の過払い金請求であればブラックリストにのらない

完済後の過払い金請求であればブラックリストにのることはありません。借金の返済中に過払い金請求をすると、条件によってはブラックリストにのってしまう可能性もありますが、完済後であれば過払い金請求後にブラックリストにのらないようにするための特別な手続きなども必要ありません。ブラックリストにのることを心配していた人も、完済後であれば安心して過払い金請求できますね。

複数の貸金業者に借りている場合、完済した業者を選んで過払い金請求をすればOK

いろんな貸金会社に借りている場合は完済した業者を選んで過払い金請求をしましょう。過払い金は貸金業者ごとに請求する必要がありますので、複数の貸金業者から借金をしていた場合、完済した業者を選んで過払い金請求することができます。

完済した業者に過払い金請求をして、返ってきたお金を現在返済している他の業者の返済に充てることもできます。この場合はブラックリストにのることはありません。現在借金を返済している場合、完済した貸金業者があれば過払い金の請求を検討してみてもよさそうです。

過払い金請求をした貸金業者から嫌がらせを受けることはない

過払い金請求をしたら貸金業者から嫌がらせを受けるのではないかと心配で、過払い金請求をためらっている人も多いのではないでしょうか。実際は、貸金業者に過払い金請求をしても嫌がらせを受けることはありませんので安心してください。

また、最高裁で過払い金が認められて請求が増えてきたことから、貸金業者も過払い金が請求された時のために契約者に返還するための資金を用意しています。過払い金は払い過ぎてしまった利息なので、請求すれば返してもらうことができるお金です。安心して過払い金請求をしてくださいね。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求を自分でやる時の注意点

借金を返済中の人が過払い金請求を自分でやる場合は注意!

借金を返済中の場合の過払い金請求には注意する必要があります。過払い金の請求を自分でやる場合、過払い金の計算も自分でやることになります。最近は無料の計算ソフトもあるので比較的計算はしやすいですが、計算を間違ってしまう可能性もあります。計算を間違ってしまうと過払い金が思ったより少ないことも。

また、戻ってきた過払い金で返済中の借金が完済できなかった場合はブラックリストにのってしまいます。現在借金を返済中の場合は個人で判断せず、司法書士や弁護士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。過払い金がいくら発生してくれるか無料で調査してくれる事務所もあります。

過払い金請求の時効に注意

過払い金請求はいつでもできるわけではなく、期限があります。請求できる期限のことを時効と言いますが、過払い金請求の時効は10年です。具体的には貸金業者との取引が終わってから10年になります。

10年以上前に貸金業者から借金をしたという人も、返済が終わってから10年以内なら過払い金を請求することができます。かなり前に返済し終わっている場合は時効が近づいている可能性があります。期限を過ぎてしまうと過払い金の請求はできなくなってしまうので、一度取引の期間を確認してみることをおすすめします。

完済した借金の過払い金請求は急いで手続きしてください

完済後の過払い金請求であれば基本的にブラックリストにのる心配もありません。司法書士や弁護士などの専門家に頼んでもいいですが、費用を抑えたい方は自分で過払い金請求してもいいでしょう。過払い金請求の手続きと聞くとややこしそうですが、ネットで調べながらやれば自分で手続きすることも十分可能です。

ただし、取引終了後10年で過払い金を請求できる権利は消滅してしまうことには注意が必要です。以前に借金していたけど完済したという方はいつごろまで取引があったのか一度確認しておきましょう。

公開日: